世界はなんとなく

なんとなくできた世界は今日も廻り続ける。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You can (not) advance

2009-06-27-Sat-23:33


やべえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

『エヴァンゲリオン 新劇場版:破』観てまいりました。
未だ興奮冷めやらず。こんな感覚は久しぶり。

感想はネタバレしかないんで超注意。

二回目感想追記。
まず初めに、長いです。
ネタバレなんで反転文。

初っ端からマリの乗る仮設5号機VS骨使徒。
骨恐竜の使徒は『ぼくらの』の鬼頭先生がデザインしたらしい。
勝手にマグマダイバーのサンダルフォンがもし出てきてたら
こんな感じかなって思ってた。

マリのキャラがアスカの好戦的すら超えてもはや戦闘狂。
あと匂いフェチ。真綾の声もあっててよかった。
好きです。次ももっとガンガン話に絡んできてくれ。


弐号機デザインに角と飛行装備がプラスでカッコよさげ。
でも角は鬼に見えたりクワガタに見えたり。
一瞬マトリエルかと思った水飲みおもちゃのような使徒のデザインがキレイ。
あの時計のような動きがいい。コアがデカイ。


サハクィエル戦
サハクィエルが+マトリエル模様で隕石みたいなフォルムになってると思ったら
結局キレイなサハクィエルだった。
と思ったら人が出てきた。コア動きすぎ。
シンジは特にスタートダッシュで出遅れることもなく。


バルディエル戦
バチカン?条約で一国につきエヴァの保有は3体まで。
弐号機が凍結されてアスカが3号機の乗ることになりトウジ置いてけぼり。
3号機事件にトウジが関係無いと分かってからの
アスカの死亡フラグの立ち方が尋常じゃない。
まさかまさかと思ってたけれどまさかのアスカだった。
アスカが乗ってるの知ってたりトウジの時よりは救いがあるかな。
のちの兄が「ケンスケが乗るかと思った」
そんなまさか。


ゼルエル戦
最強すぎる。
TV版じゃ特殊装甲ギリギリ手前だったのに
今回は一発で24枚全突破ですって。
ATフィールド何重だよ!!

マリが勝手に弐号機奪って乗ったけど
なんといっても裏コード、ザ・ビーストがカッコいい。
あの制御機関の飛び出した背骨のようなフォルムが獣!って感じで。

ゼルエルを喰うどころか逆に零号機が喰われるなんて。
ただでさえキモくなってたゼルエルに体出てきてキモいこと。


シンジが綾波返せで暴走。
目からビームとか人の域を超えて徐々に使徒化。
意外にも綾波が死なずに済んだ訳だけど
あれは救ったと言えるのか。


エンドロール後
突き刺さるロンギヌスの槍。
月から舞い降りた6号機。渚カヲル。
6号機かっこよすぎるー!!!


次回予告
もう次からは知ってることの方が少ない完全新作だろう。
公開は3回予定だから3部と4部は同時公開になるの?
8号機がもし映ったアレならタチコマのようで・・・・・・
眼帯どころじゃねぇだろ(笑)
次回『新劇場版:Q』。"急"じゃないのか。
終わった後ところどころから「Q?(笑)」って。



クオリティも破壊した構成も素晴らしかった。
日常の何気ない一カットでさえすげぇ。
使徒が5体次々と現れるのは尺の都合で仕方ないし
人間描写も短い割にはちゃんとなってた。
レイの人間味補正が強かった気がするけども
滅菌消毒のあの微動だのしなさはやっぱりレイ。


「嫌な事から逃げて、何が悪いんだよ!」とか
「僕は初号機のパイロット碇シンジです!!」だとか
バルディエルの初めの飛びかかりだったり
ゲンドウが体半分エヴァの血で血まみれになったり
可能な名シーンと名セリフを使ってるのが良かった。
スタッフ分かってる。


序の見所はラミエルだったけど破のバトルは全て見所があった。
全部クライマックスレベル。
バルディエル&ゼルエル戦のあの歌は賛否両論分かれそう。
あれは良い意味で気持ち悪い。
何気ない歌詞をまた深読みして気持ち悪い。
気持ち悪いシーンで気持ち悪くない歌は気持ち悪くなる。
二回目があったのと翼をくださいで何か笑えた。


2時間なのに3時間観た感覚。
マジで何十回も鳥肌立った。
もう一回観に行ってもいい。あーおもしろかった。
改めてエヴァすげぇ。




●観賞二回目感想
二回目ともなると何が起きるか、次にどうくるかが分かってるから
すごい余裕を持って冷静に観れた。
その分初見よりは驚きが少なかったのは当たり前だけど
それでも依然鳥肌は立ったよ。
物語を知ってる分作画と演出に集中できた。
流れるように時間が過ぎてった。一時間半ぐらいの感覚。

やっぱりマリはカッコいい。いちいちカッコいいよ。
ついでに前から気になってたけどアスカがやってるゲームの
あの起動音はやっぱワンダースワンだよね!!
あとミサトさんの着信音はキングギドラの鳴き声らしい。
マオ君と「歌はそんなにダメかな?」って話した。
初めはいきなりでポカーンだったけどちゃんと観たら悪くない演出だと思うんだ。
次回予告の8号機がじっくり確認できた。
四足歩行じゃない、エクソシスト。

おもしろくなかった人がいても仕方ない。
万人がおもしろい物なんてありえない。
俺にとってはやっぱりおもしろかったけれど。
さすがに金の問題で3回目は自重かな。
DVDは出てから考える。




●兄にパンフレット頼んどいたら一式買っといてくれた。
朝9時からグッズ販売所から映画館の外まで行列ができてたらしい。オタク凄い。
ついででもそこまでして買ってきてくれるなんて本当にありがたい。感謝。


●パンフレット
表紙が既に(笑)
観てない人は観ないようにって注意はともかくシールまで貼らんでいいわ。


●B2ポスター
でかい。例のあの初号機のポスターじゃなくてよかった。


●エクストラボックス
限定フリーペーパー01~03の内容をリニューアル収録した
オールカラー62Pのブックレットと
ピンナップとイラストカード入りのボックス。

中は開くとこんな感じ。



ふー終わった終わった。好き勝手言うだけ言っただけ。
当分シーンが脳内に残りそう。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。