世界はなんとなく

なんとなくできた世界は今日も廻り続ける。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすれば与えられん

2009-04-30-Thu-02:20

広大すぎる京都駅。

展示の片づけが終わってから
映画見に行く組に急遽強引に参加。

『劇場版 エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』
を見に大阪のテアトル梅田まで遠出。
関西で唯一ここだけ公開ってのと祝日が重なってか
18:30と20:40の放映が満席。
18:30から立ち見席で2時間鑑賞。
観れずに帰るよりは良かったけどすっげぇだるい。


パンフレットは買えたけど
設定資料集が5/1からの発売で買えず。
何で初日から売ってないのか甚だ疑問。

エウレカを初めて見たのは
TVシリーズ最終の二話連続を朝のリアルタイムで。
その後深夜の再放送を改めて見たぐらいで
そこまで熱狂的に好きではなかった。


終わってから3年ぶりの劇場版。
観終わって結果的に言えば、おもしろかった。
わざわざ観に行ったかいはあったと思う。
ネタバレになるんで多くは言わないが
TVシリーズを見てなくても見れるぐらい世界観も設定も新しい。
けれど、見てきた人だからこそ
キャラや設定のギャップが楽しめるかと。
ラストの戦闘シーンは圧巻。
友達はあの作画だけでも観たかいがあったとまで言ってた。
アネモネが現れてからの流れは鳥肌立った。

色々謎が多くて一つ一つ頭の中で考えながら見てた。
終わった後「あれはどういうことなの?」って皆で議論しまくり。
とりあえずもう2回ぐらい見たい。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。