世界はなんとなく

なんとなくできた世界は今日も廻り続ける。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人なんてものに成ってしまった

2009-01-13-Tue-00:47

地元の雪景色。
さっきこっちに帰ってきました。
もう雪降りまくりーの積もりまくりーので。
とりあえず当日は降ってなくて良かった。


で、これが成人式の会場。
この写真は前日に本屋行った帰りに
一人で雪の降る夜に撮ってきたもの。
傍から見たら不審者。

成人式行くと会うやつ会うやつが知り合いだから
同じようなリアクションを繰り返す羽目に。
分かるやつはすぐ分かるのに
分からないやつはじっくり見ても分からない。
見た目が完全にホストと化した奴が何人かいた。
女子はただでさえ覚えてないのに
皆が振袖で髪型同じだし見分けつかねぇ。

式は市長とかのムダ話の間に立ち歩く輩がちらほらと。
まぁ知り合いだと思うけど。
そこはわきまえるべきだろうに。
所詮二十歳なんてそんなものか。

その後の2部で吉本芸人の『span!』が来た。
名前が出た時会場が「え?誰?」ってなったけど。
そりゃ俺でも名前は聞いた事ある程度のマイナーな芸人だもの。
でもなかなかおもしろかった。
すべったらこっちが気を使うからよかった。
「会場の10名に抽選でサインと吉本のお菓子プレゼントー!」
で友達が当たってステージに上がっていじられてた。
知ってるだけで無駄におもしろさが増す不思議。
今日のABCお笑いグランプリに出るって言ってたから
見てみたら全く同じネタ。
たぶん、グランプリ獲れてない。


夕方からは小学校の同窓会。
友達を乗せて自ら運転して行ったら二度ほど死にかけた。
人数はそこまで多くなかったけど
ビールも飲みまくってドンチャン騒ぎ。
途中で我に帰って逆にテンション下がったり。
基本的に今どうしてる?何してるの?
って聞くばっかりで過去話は一切しなかった。
正直俺はそこまで他人に興味がないと思う。
まず質問は会話をする為の最低限しかしないし
返答を聞いても「へーそうなんやー」。
でもその時警察学校に入ってる友達の話が凄かった。

単位が取れず金もなくて親の薦めで
なんとなく公務員の警察学校の試験を受験。
本気で警察になりたいわけじゃなく。
クソ難しい筆記試験。
5択の問題を適当に選び10分で寝る。
合格。
次に集団面接があったけど周りはガチガチ汗ダクダク。
対して友達は本気じゃないから聞かれた質問にその場で応対。
緊張することもなくごく自然に。
合格。
こんなことってあるんだ。

ただ入ってからが地獄!らしくて
ホントに軍隊の超スパルタ。
成績が悪けりゃクビもある。
話を聞いてるだけでとてもついていけない。
自分が知らない現実を突き付けられた。


久しぶりだったけど根本的な部分は皆変わってなかった感じ。
心配してたけど特に孤立することもなく想像以上に楽しかった。
会う奴全員に変わってないと言われた。
何も変わってないのか俺は。
何一つ成長してないということか。



帰る時は人が多くて電車で読めなかったけど
例の浅野いにお『おやすみプンプン』を読んだ。

戦慄。衝撃。

初めての感覚。
吐き気がするマンガって、こういうことか。
今まで読んだマンガの中で異常。
あまりにもアレなんで3回は読み返した。
簡単そうにみえてこの表現は真似できない。
現実が襲いかかって来て鬱になりそう。
心が黒く濁ってくる。
マジで色んな意味で凄い作品。
他の作品も早く読んでみたい。
4巻も今月出るらしいし。
中でも雄一おじさんが好き。
あと、神様。


帰省した時にマンガがあふれてたから
新しい本棚作ったら一瞬で全部埋まった。

明日から授業・・・か。
原稿もやってねーし。
もー知らん!ぼかぁもう寝る!!
・・・寝るっ!!

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。